関西ハイキング

関西ハイキング

街歩き、ミステリー、登山情報を発信しています❣️

小磯美術と野鳥観察ができる海上文化都市『六甲アイランド』|関西ハイキング(神戸市東灘区)

 

f:id:bunbuta:20211115053920j:plain

 

六甲アイランドは、神戸市東灘区にある海上文化都市で約2万人の人が暮らしています。
本記事では、六甲アイランドにある美術館や野鳥公園などのスポットを紹介します。

神戸市立小磯記念美術館

神戸市立小磯記念美術館は、緑豊かな六甲アイランド公園内に平成4年11月に開館しました。

神戸に生まれ神戸で制作を続けた洋画家・小磯良平は、昭和63年12月に惜しまれつつ世を去っています。その翌年に油彩・素描・版画などの約2,000点の作品がご遺族より神戸市に寄贈され、こちらの美術館で展示されています。

美術館の中庭に移築・復元された小磯良平のアトリエでは、制作の雰囲気を味わえますよ。

住所:神戸市東灘区向洋町中5−7
開館時間:10時から17時まで
休館日:月曜日
入館料:200円

神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館は、ファッションをテーマにした”公立では日本初の美術館”です。
1F展示室では、多彩なアートを紹介する「特別展示」と貴重な収蔵品を活用した「コレクション展示」を随時開催しています。
3Fライブラリーでは、国内外のファッション関連の蔵書約40,000冊のほか、20世紀初頭からのファッション雑誌のバックナンバーなどが閲覧できます。

住所:神戸市東灘区向洋町中2−9−1
開館時間:10時から18時まで
休館日:月曜日

マリンパーク

六甲マリンパークは、アイランドの最南端にあり熱帯リゾート雰囲気が漂う海浜公園です。美しいパームツリーやソテツなどの南洋植物と視界180度の海が見渡せます。

どこか海外のリゾート地に来たような風景で非日常的な気分になれるスポットですよ。

住所:神戸市東灘区向洋町中9 

野鳥公園

六甲アイランド野鳥園に行くと、ありがたいことに六甲アイランド野鳥園一帯でみられた野鳥」(発行:六甲アイランドまちづくり協議会)が置かれていますので、それを見ながら望遠鏡で野鳥観察すると楽しいです。 

六甲アイランド野鳥園で観察できる野鳥

<年中観察できる鳥>
アオサギウミネコカルガモ、カワウ、カワセミキジバトコサギダイサギハイタカ、トビ、ハクセキレイ、ヒバリ、ヒヨドリメジロなど
<冬に観察できる鳥>
カモメ、コガモ、ユリカモメなど
<夏に観察できる鳥>
アマサギ、チョウサギ、カッコウ、ツバメなど

六甲アイランド

向洋町中・向洋町西・向洋町東の3つの町があります。
島の住民の多くは、向洋町中に住んでおり、向洋町東・西には工場や港湾施設など集積しています。また、向洋町中では、島の中心を通る六甲ライナーより西の住宅地がウエストコート、東の住宅地がイーストコートという名前で分けられています。

町のことを「六アイ」「RIC(リック)」とも呼び、自動車教習所などあらゆる場面で用いられる愛称となっています。

島へのアクセスは、JR住吉駅から「六甲ライナー」(神戸新交通の自動案内軌条式旅客輸送システム)に乗るか、車で橋を渡ります。島まで歩いてもいけますが、少し大変です。