関西ハイキング

関西ハイキング

街・山歩き、謎解き、N-BOX情報を発信しています❣️

さわやかな海風と芸術を感じる『HAT神戸ハーバーウォーク』の散策|関西ハイキング(神戸市灘区)

 

f:id:bunbuta:20211030062546j:plain

 

岩屋公園

背の高い楠の並木や藤棚に、さわやかな空気が漂います。

住所:兵庫県神戸市灘区岩屋中町1-6

 

鞍馬神社

この神社は素戔鳴命(すさのおのみこと)、天照皇大神、熊野座大神の三柱が御祭神ですが、元の御祭神である「みずはのめのかみ(水の神様)」から「みぬめ」の名称が生まれたといわれています。
市内最古の神社の一つで、萬葉集勅撰和歌集にもこの地を詠み込んだ歌が多く、柿本人麻呂も「玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島の埼に舟近づきぬ」と詠み、その歌碑も境内にあります。

住所:兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-1-8

 

HAT神戸・灘の浜

HAT神戸・灘の浜は高層マンションなどが立ち並ぶ居住街区。
このまん中を貫く遊歩道には、彫刻家や画家などのアーティストの作品があちこちに置かれています。ほのぼのするものや、首をかしげるもの、カタチや名前のユニークなものが多く、さまざまな表情の作品を楽しみながら散策すればいっそう楽しさが増します。

 

摩耶海岸通公園

なだらかな斜面の大きな芝生広場では、座って本を読む人、ラジオを聴いている人、小さな子がボールを楽しそうに転がしているなど、ゆったりとゆるやかに時間が流れているように思えます。
この公園にも花で飾られたアート作品があり、心和む風が流れています。公園の北側にはユニークなデザインの橋脚を持つ板敷の歩道橋もあります。
公園の南端、海に面したところからは、HAT神戸ハーバーウォークです。

 

兵庫県立美術館

海の光の眩しさを遮ろうとするかのように海に向かって突き出した三つの長い庇(ひさし)。
このアート感覚いっぱいの美術館は世界的な建築家・安藤忠雄氏の設計によるものです。
西日本最大規模の床面積で、収蔵作品は約9千点。中でも、近代以降の多彩な表現の流れを見ることができる彫刻コレクションには、充実した作品群があり、他にも版画コレクション、現代美術、郷土ゆかりの美術などが収蔵されています。
さらに、従来の美術館の概念を超えた、美術と音楽・演劇・舞踊などとの交流イベントなどが開かれ、新しい芸術活動を発信しています。

住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

 

なぎさ公園

山側には、緑の木々とアート作品の点在するエリアがあり、HAT神戸のビル群の間に六甲の山並みが望めます。
水辺には板敷のハーバーウォーク、海側には摩耶ふ頭、摩耶大橋そして時々入ってくる引き船に引かれて波を蹴り立てる艀(はしけ)、山の緑と海の青を楽しめるポイントです。

住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1

 

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

神戸が世界に誇る学びの施設。
阪神・淡路大震災をきっかけに、その教訓を未来へと伝えるために設立された施設です。
震災から20年以上が経った現在は、震災を知らない子どもたちも多く、校外学習に用いられることが多いのだそうです。
自然災害を防ぐことはできないけれど、被害を減らすことはできるという「減災」の考え方を軸に、災害への備え方を学べる場所として注目されています。

住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2